【大会レポ】福岡志賀島金印マラソン

今季初10kmレースは初めて参加の第43回福岡志賀島金印マラソン(2018年大会)。風光明媚なロケーションです。
43回…ってこんな歴史のあるマラソン大会が福岡で開催されていたこと知りませんでした;

今日の10kmは直前までの練習の感じからすると55分くらいかなという感触。坂道多かったらまだかかるでしょう。坂道トレーニングもスピードトレーニングもやっていません。
2回ほど1km全力走もしてみましたが、2回とも4分45秒程度、1か月でタイムの伸びもありませんでした。
さらには直前1週間で体重を2kg増やしてしまいました。


参加者は2370人、仮装ランナー少なめの地元密着型大会です。

スタート前に志賀海神社へご挨拶

http://www.shikaumi-jinja.jp/

志賀海神社御朱印

スタートは列の真ん中より少し後ろくらいから

スタートは周りの方の体形やシューズを見てこの辺かな・・・と決めるのですが、先の道路が狭いせいか、アーチをくぐるまではほぼ歩き、 4時間後半台のフルマラソンのスタートのようなスピードで、もたついた感じでした。
速いランナーはジグザグに抜いて行ったりするので接触して危なかった;これは積極的に前に並ぶべきだったかもしれない。

走り出したら時計は見ません。
1時間足らずに終わってしまうのだから、心拍が10km持つくらいの感覚だけを頼りにあとはかけっこ。
ノー給水で行くつもりだったので、5km給水はスルー。木陰も適度にありました。しかし5km給水 の先は上り坂、島の反対側は直射日光でかなり汗をかいてしまい、7km地点とその次の給水ではコップをとりました。

上りでのピッチの落ち方(笑)
スタート後の起伏は感じませんでしたが、5km過ぎの坂にやられましたね~;
あとはフォームを崩さないように淡々と距離を刻みました。

記録は50分13秒。
う~~~ん!想定外に走れたけど13秒オーバーはくやしい…というかもったいなかった(笑)
スタートをもっと前にしてれば50分切れたろうな。
まぁでもシーズン入りの初レースとしてはまずまずの手ごたえです。
昨シーズンの10kmレースは54分がベストですし。(PBは47分)

レース後はコースの途中にあった休暇村の温泉に入り、会場で購入したさわらのかば焼き丼を海を見ながら食べました。
大会参加者は通常600円の温泉が半額で入れました。


漁の水揚げも見れた。魚の選別中

あちこちに無防備な猫がいる

志賀島っていいとこだね~~

1+