癌でした(完治)

まさかの癌でした。
切除完了しており、転移もないとのこと。
今後検査は半年~1年に1回受けることになるけど、とりあえず生き延びたらしい。

5月にポリープ切除手術した病院から電話があり「今後のことなどもお話ししないといけないので」という。
3月に夫に誘われて人間ドックを受けたのだがその時大腸に13ミリのポリープが発見され、大き目だから早めにとったほうがいいだろうということになり、2か月前に手術をしました。
組織検査は人間ドックの時受けて問題なかったので、今回も大丈夫と思いこんで自分の中ではもう終わった気になってたところに「組織検査したら実は癌でした」ときた。
2か月で癌化したってこと??

関連→ポリープ切除

切除したポリープは2つ。
ひとつは20ミリを超える大きさになっており、そちらが一部癌化している状態で『腺腫内癌』というのだそうです。
病巣が広がる前の切除で、早期発見&治療に至ったわけです。

人間ドックは夫が申し込んでくれて、抽選であたった?ので夫婦で阿蘇医療センターに泊まりで入院という、半分ピクニック気分でした。
家系に癌の者もいないので、自分もないだろうと勝手に思ってました。
ポリープ発見後も、そうそうすぐに悪くなるわけじゃないし、急がなくても、という空気でした。

それでもこの2年ほどは激太りもあり体力気力ともに充実しない日々が続いており、自分の中で制約が多くなっていたので、すっきりするためにもポリープ切除手術に至ったわけです。
小さいころから頑健だったので病院嫌いな私ですが、なんとなくでも気持ち悪いところは全部治療して気持ちよく毎日を過ごしたい…そんな気持ちが今回は自分を助けたようで。

さらには夫の絶妙なタイミングでの人間ドックのススメと、入る必要ほんとにあるのかと思ってた生命保険のおかげ。
当たり前だけどドックだけでは治らない。
まとまったお金もないので、保険料が出ると分かってないと治療に踏み込めない。
13ミリの良性ポリープが、2か月後には20ミリ超の癌ですからね。
すべての環境のおかげで癌生活を送らずに済んだというわけです。

それに、
癌でもマラソンレースを走れるから気づかない。

みなまたローズマラソン