手書きとか誤植とか

なかなかしっくりするフォントがない場合、手書きする。
手書きしてスキャンしてパス取って、というそこそこ面倒な工程ののち、テキストの内容変えてと言われるとムキーー!となるし、たまたま採用されるとうっしゃー!!と喜びのダンスを踊ってしまう制作者あるある。

今回の仕事は後者だったのだけど、デザインばかりに気を取られてて納品後に誤植発覚。
開催曜日が「SAT」になるはずのところ「SUT」になってたというオチ。
ミス打ちする私も相当の馬鹿を発揮してるが、おそらく10人以上確認まわしてるのに誰も気づかないという…
うまく行ったのに、あとから膝をついた仕事でしたorz

同じデザインでうちわも制作されましたがそっちの訂正は間に合ってなにより。

時間と手間がかけられる場合、等倍の誤植シールもお作りしますのでご利用ください!

0