『熊本30K』という練習会

くまもとサーティケイ、と読むらしい。
ランネットから申し込める『マラソン大会』で、全国各地で30Kシリーズが開催されてる。フルマラソンの前に30kmみんなで走ろうという趣旨の練習会みたいな位置づけのランイベント。こちらに参加してきました。

30Kシリーズ公式

熊本県民総合運動公園内の周回コース約2.5kmを12週、
スポドリと水エイドがあり、
「アミノバイタル®」のサポートで補給食ゼリーを出走前と20kmと完走後に頂く。ありがた~い!
フルマラソン目標タイム30分ごとにペーサーがつく。
ペーサー周辺は込み合って走りづらかったので10km以降は集団を抜けて結局ぼっちで走る。
スタジアム内は気持ちがよく、走りやすくてついペースアップしてしまうことに気づいた。

この30Kシリーズ、私はとてもいいと思いました。
ひとりで30km走るというのはなかなか大変。私だと3時間くらいひとり黙々と走ることになるのですよ、途中で飽きるってば。
一人だと準備がいるし、コース設定やモチベーションも不安ですが、
エイドやトイレがあるという安心感はもちろん、周回コースなので、サブ3やサブ4の集団に何回も追い抜かれるのですよ。
違う速さの知り合いとがんばれーって言いあったりできたし、目標とするサブ4のペースについていけないということも体感出来る。

ラップを計測、ランネットで見れる

昨年11月にぼっち30km走をやったので、30km走は今季2回目。
1回目は16kmでゼリー補給したものの24kmくらいで足が終わって、なんとか走り切ったものの疲労がハンパなく半月ほどろくな練習ができませんでした。
本番フルマラソンでは目標タイムを10分遅くしてシューズも初心者シューズに変更する決断ができたので、30km走という練習は自分は必要と感じてます。

結果2回目の30kmは、1回目の総タイムとたいして変わりませんでした。
それでも内容はかなり向上。
10km毎にペースアップできて、完走後も余裕あった。手ごたえがかなり違いました(嬉)
次走フルマラソン(古河はなもも)は、厚底ナイキで6分/kmで突っ込み、4時間10分台を目指したいです。

熊本県民総合運動公園陸上競技場 『えがお健康スタジアム』の『金栗ゲート』
0