ペグ入れ ボックスポーチ

キャンプで使うペグ入れが欲しいと息子が言ってたので、ジムニー関連でいろいろお世話になったお礼に作ってみた。

使ってない『魔王』の前掛け。

趣味で前掛け集めてしまったはいいが使うことがない死蔵品だった。
丈夫な帆布だしかっこいいしこれ使って立体バッグにしようと思う。
ペグを一本ずつ入れてくるくる巻くタイプのほうがいいかなと思ったが、息子も私に似て性格は雑なのでざっくりまとめられる方がいいだろう。

追加して購入したのは、

  • カラフル接着芯 ←布をパリッと仕立ててくれるやつ。
  • バイアステープ ←裁ち目をかくす。
  • ファスナー(40cm)←一般のより全体的に大きいやつ。
  • 厚物用ミシン糸(#30)

接着芯は裏地兼用のものにしました(ダンガリー柄)。
裏地付きだと縫い目が隠れるが、そんな難易度が高いことは私にはできないだろうという判断。

前掛けをカットして、接着芯をアイロンかけ。

ちなみに型紙なんて作らない。だいたいのサイズでざっくり作っていく。

昔から持ってる文房具が大活躍。
  • 円形カッター ・・・布を引っかけることなく滑らかに裁断。
  • 定規 ・・・三角定規と50cm定規、便利。
  • 消えるボールペン ・・・アイロンかけると消えるのでチャコペン替わり。

ハイ、できました。1時間くらいかかった。サイズも30cmペグにピッタリ。

ひもを縫い込む部分はミシンの限界らしい。ゆっくり太めの幅で縫ったが、噛みこんでしまいやり直しつつ。
結局バイアステープは使わなかった。ミシンでジグザグの裁ち目かがりができるし、バイアステープを縫い込むには布が厚すぎた。

息子は他のに使おうかなと言ってました。
ペグは一本一本収納するほうが好きだそうです・・・なんでやねん。

0